あなたのお店を繁盛店にしていく専門サイト、きっとコム!どっとコム!広告・広報・販促の効果的な売上向上ノウハウで広告代理店サンプロがご支援します

たった3ヶ月で一人勝ち繁盛店にする方法

◇032 チラシのコトバの七変化

◎こんな声を頂きました◎

記事No.31 その広告、誰の為のもの?を読みました。
「誰が見る(聞く、読む)モノなのか?を考えて広告を作ることだ」と書いてありましたが、
ウチは、買ってくれるならどんなお客さんだって大歓迎!です。
だったら、広告は、いろんな人が見ることを考えて内容を考えたほうがいいんですよね?


「買ってくれるならどんなお客さんだって結構!結構!大歓迎!」
売上を上げるには、そう思うのが自然ですよね。

しかし、こと広告を打つとなった場合、対象者を「買ってくれるなら誰でも構わない」という曖昧な設定にしていると、反響を出すのが難しいのです。

あなたのお店の商売には、「あなたのお店の商品を求めるであろう客層・顧客像」が存在するのです。

その客層・顧客層を仮定して探さない限り、「彼らに届くコトバ」が見出せないのです。

成功するチラシ「届く広告」「伝わる文章」「反響が出るチラシ」は、かなり詳しく細かく対象者を設定しています。

「誰に対して伝えるのか?」ということを明確にすることで、「切り口」や「おすすめする文章」を考えるのです。

この点をしっかり設定しておくと、来て欲しい客層に届くコトバを発信できます。

例えば
17歳、スポーツ部にいる高校生男子が対象の場合。
32歳、家庭の専業主婦が対象の場合。
48歳、運動不足のお父さんが対象の場合。
72歳、山歩きの趣味に忙しいおじいちゃんが対象の場合。

それぞれ「届く広告」「届くコトバ」が大きく変わると思いませんか?

対象者設定をを明確にしないまま、チラシを作ってしまうと
「誰に言ってるかわからないプレゼンテーション」になってしまうのです。

え?「絞れば絞るほどお客さんを広く呼べないんじゃないか?」って心配でしょうか?


そのご心配は逆で、対象者設定は絞れば絞るほど、「引っかかってくる深度が深くなる」のです。




○私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

無料個人相談ページはこちら ⇒専用お問合せフォームはこちら
インターネット無料診断ページはこちら ⇒専用お問合せフォームはこちら
ホームページ無料診断ページはこちら ⇒専用お問合せフォームはこちら
チラシ無料診断ページはこちら ⇒専用お問合せフォームはこちら


無料相談サービス
これからもますますサンプロさんの企画力に期待してい ます。有限会社山上会計事務所、税理士山上達也事務所、代表取締役・税理士 、山上達也様
サンプロさんには群馬県最大の飲食店組合を支援して もらってます。太田飲食店組合・組合長、及川隆彦様(和房どんぐり店主)


株式会社サンプロ

【本社所在地】
 〒373-081
 群馬県太田市小舞木町14-5
【営業時間】
 9:00〜20:00
【休業日】
 日曜・祝祭日
【電話番号】
 0276-55-4001
【FAX番号】
 0276-55-4002
【E-mail】
 info@kittocom.com
 ⇒住所などは詳しくこちら