あなたのお店を繁盛店にしていく専門サイト、きっとコム!どっとコム!広告・広報・販促の効果的な売上向上ノウハウで広告代理店サンプロがご支援します

たった3ヶ月で一人勝ち繁盛店にする方法

◇008 暴露レポート…ヤバイかも!?同じコンセプトのチラシを競合店がウチより先に出した!!

「だからもっと早くした方がいいと言ったのよ」

『仕方ないじゃないか!俺だって店に立ってるんだ!』

『だけどこれじゃ全く同じだ。スパイでもされたか?』

「誰がこんな小さい店をスパイすんのよ!!」

クライアント先に訪問していた時に、偶然お隣の店舗から聞こえてきた会話です。
お寄りしてお話を伺ったところ、どうやら企画していた内容と良く似たチラシを競合店に出されてしまったというのです。
他人事で聞けば、なんだか笑い話のようではありますが、確かに同じ街で同じような商品を扱っていれば、このようなことは十分に考えられます。

あなただったらどうしますか?
「こっちが先に考えてたんだー!」と言い聞かせて、効果を心配しながらチラシを出す必要もなければ、今回はやめとこうなどという寂しい決断をする必要も全くないのです。
なぜなら企画には表と裏があるからです。

では、どんな内容にするか?
それは簡単です。
あなたの店の得意分野を書けばいいのです。
例えば競合店が激安をうたうなら、こちらは品質とサポートを!
相手が老舗をキャッチフレーズにするなら、こちらは新店舗だからこそ、品物の充実と徹底したサービスがあるといけばいいのです。

キーワードは「ビビルな!真似るな!」


もう一つよく聞かれる状況にこんなのがあります。
友好的な関係にある同業者が、あるときからダイレクトメール戦略をやったら大変に効果があった。
うちもやるぞと張り切ったご主人が、作ったDM1,000枚をすぐさま郵送したそうです。
ところが反応は15件・・・。

さてさて、この状況をあなたならどう考えますか?
広告効果は、様々な要素から成り立ちますので一概には言えませんが、建設業界などではDM1,000に3つという考え方があります。
1,000通出して3人から反応があればOKということになります。

これを多いと見るか少ないと見るかは別として、統計的な数字があるのは確かです。
前者のオーナーはDMに関する何らかの裏づけをもっていたのでしょう。
だからこそ反応が3つだとしても続けることが出来たのでしょうし、反応を上げる工夫に至ったのだと思います。
そして、その反応が30にもなれば「良かった」と総括しても不思議ではありません。

ところが判断基準を持たずに、表面だけ真似しても難しい部分があります。
基準を持たず真似ばかりしているオーナーはDMの反応が30きても、おそらく少ないと感じて、いずれはその戦略をやめてしまう。
何をどの方向にどこまで頑張っていいか知らないというのは本当に怖いことです。

あなたは仕事の羅針盤をいくつ持ってますか?




○私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

無料個人相談ページはこちら ⇒専用お問合せフォームはこちら
インターネット無料診断ページはこちら ⇒専用お問合せフォームはこちら
ホームページ無料診断ページはこちら ⇒専用お問合せフォームはこちら
チラシ無料診断ページはこちら ⇒専用お問合せフォームはこちら


無料相談サービス
これからもますますサンプロさんの企画力に期待してい ます。有限会社山上会計事務所、税理士山上達也事務所、代表取締役・税理士 、山上達也様
サンプロさんには群馬県最大の飲食店組合を支援して もらってます。太田飲食店組合・組合長、及川隆彦様(和房どんぐり店主)


株式会社サンプロ

【本社所在地】
 〒373-081
 群馬県太田市小舞木町14-5
【営業時間】
 9:00〜20:00
【休業日】
 日曜・祝祭日
【電話番号】
 0276-55-4001
【FAX番号】
 0276-55-4002
【E-mail】
 info@kittocom.com
 ⇒住所などは詳しくこちら