広告代理店サンプロが販売促進ノウハウをもとに、御社のチラシが効果的かどうかを無料で診断。効果的にするお手伝いをします

群馬県太田市の広告代理店サンプロの繁盛店にさせる為の専門サイト。広告・広報・販促の効果的なノウハウでチラシ印刷・ホームページ制作。売上向上・商売繁盛のご支援をします。チラシ無料診断

「チラシは白黒コピーで十分!!」

このフレーズに惹かれたあなた。


「チラシをまいたのに、ほとんど反響がなかった。」

「チラシには目玉商品を載せないと効果がないと思っている。」

「チラシを作る時にマーケティングを考えていなかった。」

「チラシがイメージ広告(絵で遊んでいるだけ)になっている。」

「こちら側が売りたい商品とお客様が欲しい商品がマッチしていないの
   かも。」

「そもそもお客様が欲しい商品をつかんでいる自信がない。」

「紙面の左上と右下の商品を練っていなかった。」

「誘引する仕組みが3つなかった。」

「裏面は適当な商品を並べてしまっただけになっている。」

「キャッチコピーがお客様の心に響かなかったかもしれない。」

「チラシをまくタイミングが間違っていたかもしれない。」

「反響を受けとる体制が整ってない。」

「他の広告媒体とのつながりをつくってない。」

「チラシ制作を業者任せにしていた。」

「チラシは自分の勘と経験だけで作っている。」

「大きな経費をさいてチラシをまいたのに!」

「あのチラシのどこが悪かったのか?!!」

「もうチラシを、まくのはやめようか!!!」



もしあなたがチラシ戦略で悩んでいるとしたら、このページが必ず
お役に立ちます!!


最新かつ、最も効果のある販売促進と商売繁盛のノウハウに精通した広告代理店サンプロがあなたのチラシを
無料で診断いたします!


診断が本当に効果があるのか信じられませんか?

では、実際に弊社がコンサルティングしたお客様たちの声をご覧ください。


「たかがチラシなのに、書くことが違うだけでこんなにも反響に差が出るなんて思ってもみませんでした。」
【群馬県 桐生市 インテリア販売業 P様】

「安い見積もりを持って沢山の業者さんがきますが、すべてお断りしています。」
【群馬県 藤岡市 理容美容業 A様】

「思い切ってサンプロさんに頼んで良かった。」
【栃木県 宇都宮市 レストラン経営 A様】

「売り上げだけでなく、広告を作っていく過程にも面白みが出てきた。」
【栃木県 足利市 ラーメンショップ K様】

「チラシのコピーがこんなに大事だとは15年もやってきたが
 驚いた。」
【群馬県 伊勢崎市 飲食店経営 O様】

「価格だけなら他でもあるかもしれないが、
 サンプロの企画が好きだよ。」
【埼玉県 熊谷市 ヘアサロン経営 H様】


この方達は、あなたと何が違ったのでしょう?

なぜ、順風満帆に見える経営を続けているのでしょう?

あなたのチラシ戦略を見直すキッカケが見つかるはずです!




ご挨拶が遅れました。

はじめまして。株式会社サンプロのストア・プロデューサーです。

群馬県太田市にある広告代理店サンプロはおかげさまで創業20年になりますが、サンプロはただの広告代理店ではありません。

広告をツールとした、マーケティング・コンサルティング会社です。

私どものもとには経営に悩み、相談に来る方があとを絶ちません。



実績例@ 味を守れば広告なんてしなくてもいい!と広告広報など一切せずに、常連客だよりの経営をしていて、いつの間にか常連客が来なくなったラーメン店。

実績例A 別の印刷会社の営業マンのうまいトークに乗せられて、販促品を大量に注文して在庫に悩む園芸店

実績例B 単価が安くなるからとチラシを大量に印刷してしまい置き場所にこまっている不動産会社



私どもは数え切れないほどの会社様・お店様の相談に乗り支援してきました。



「チラシでの売上を支援する?」
「・・・・・そんな簡単にできることじゃ
ないだろ!!!!」


というあなたの声が聞こえてきそうですが、私に相談するとどうして、活路が見出せるか今からお話しましょう。


「正直に告白すると・・・」

私は偉そうに、

「ストア・プロデューサーで、コンサルティングしている。」

「売上を伸ばす最新かつ効果的なノウハウを有している」

などと言っていますが・・・

実は、正直に本当のことを言うと、私こそ、サンプロに入る前、売上に悩み、まったく首のまわらない経営にあえいで、会社をたたんだ経歴があるのです。

今まで、誰にも言わなかった、いえ、誰も言いたくなかったことをお話します。





私の家はお金の余裕はなかったです。

どちらかと言うと古いボロボロの家に住んでいました。

母はいつも同じ服を着ていて、ご近所の主婦に笑われたといいます。

とはいっても、食べるものがないとか、学校に持っていく給食費がなかったとか、そういった不自由ではありませんでした。

父は小さな水道工事業を営んでていました。

母もその仕事を手伝っていました。

大きな稼ぎでもない仕事なのに、あくせく働いている父のことを、中学時代の私は内心かっこ悪いと思っていました。

将来、父のようにはなりたくないと心のどこかで思っていたような気がします。




そんなふうに父のことを小ばかにしていた私でしたが、何の因果か自分でハウスクリーニングの事業を始めたです。

しかし、それは何か強い信念や志があったわけではなく、ただなんとなく儲かりそうだと思ったので始めました。

最初は良かったんですよ。

機材や材料も知り合いの方から安く譲っていただけましたし。




お客さんの家を綺麗に仕上げていくのが快感でしたね。

言い方は良くありませんが、汚い家ほど腕がなるというか、やる気がでましたね。

そんなこんなで何年かは、収支は上手くいっていました。

「親父も、こんな感じで俺達を育ててくれたのかな〜」などと考えるときもありました。




しかし「何が何でもこの道で!!」という死にものぐるいの信念のない事業は、しだいに行き詰まりを感じるようになりました。

その行き詰まりと焦りから、低報酬で無理な納期の仕事を親会社から請け負って、ノイローゼのようになりながらの仕事をやっていた時期もあり死にたくなりました。

その頃は運やまぐれも全てなくなり、いつしか借金出来ていて生活は悲惨なものになっていました。

妻は慌ててパートに出てくれましたが、その妻の稼ぎで一家四人の生活を支えてもらっていたような状態でした。




食べるものがない時もあり、友達が働いているコンビニの売れ残った弁当を内緒でわけてもらったこともあります。

その頃、よく思い出されたのは、汗まみれになって働いていた親父の姿でした。

昔、一緒にご飯を食べたときの父の手は、毎日、爪の先が真っ黒でした。

風呂上りでも真っ黒で、風呂で洗ってもこびりついた汚れがとれなかったようです。

借金のかさんだ頃、死ぬことを思いとどまれたのは、真っ黒の爪で私を不自由なく育ててくれた親父の姿と妻子の存在でした。


まだ幼い息子達と妻のおかげで、火事場のクソ力が出たんです。




家族も従業員の人生も、自分が背負っているんだと思うようになり死にものぐるいで仕事をしました。

働きすぎて過労になり、点滴してから現場に行くこともしょっちゅうでした。

借金も少しつづ返済し、気持ちもやっと上向きになりかけた頃、思いもよらぬ事件に襲われたのです。




家族同然のように可愛がっていた従業員の一人に、親会社から集金してきたお金の全てを持ち逃げされてしまったのです。

結局それが決定打となり、その半年後に事業はたたむことになりました。


情けなくて、くやしくて、初めて家族の前で涙をこぼしました。




まだ小さな下の息子は、私の涙がわからず、

「パパどうしたの?」

「パパね、ちょっとお目々が痛いんだよ」

「じゃあ、絆創膏買ってくるね。」と、次男は大事にしていたポケモンの絆創膏を持ってきてくれました。

まだ小さな手で絆創膏の紙をはがし「パパの涙止まるかな〜。止まって欲しいな〜」といいながら、兄弟で目の下にはってくれました。

それからは、借金を返すために、妻子を食べさせていくために、働けるなら道路工事の仕事でもなんでもしました。




ある方の紹介でサンプロで雇ってもらった当初は仕事で使う携帯電話も買う余裕がなく、友達がその資金を貸してくれたということもありました。

マーケティング・コンサルティング会社のサンプロに入ってからは、「自分の経営や運営が行き詰ったのは、なぜだったのか?どうしたら売上を立て直せたのかを、徹底的に学んでやろう!」と思いました。

そして「以前の自分と同じように行き詰った事業主たちの力になろう!」と決意しました。


いや、そうしなければ何の為の苦労だったか!!「あの時の苦悩は、経営者の気持ちが本当に理解できる為のものだったに違いない」と思うようになったのです。




サンプロで、私はあらゆるマーケティングについて、販売促進について、広告について、経営について、勉強しました。

毎晩、仕事のあと(本を買うお金はないので)本屋で2時〜3時まで本を読みあさって学びました。

自分の力量次第で、クライアントさんの人生を左右してしまうと思うと、怖くて勉強せずにはいられないのです。

今の私のお客様方は、あの時の私のように、ワラをもすがる思いで私どもに事業生命を、ひいては生活を、命をかけているのです。

それに応えるには、私の全身全霊をかけてもまだ足りません。

私どもも命を削る覚悟であたっています。

家族や従業員という大切な人の人生を、背負って守る、ということは、そうゆうことだと学びました。




私はかつての自分の経験と照らし合わせて、広告をツールとした商売繁盛のノウハウを学び、今はストアプロデューサーとしてクライアントさんのご相談にのっています。




会社でも家でも誰にも愚痴をこぼせず、誰にも相談できず、すべての判断と責任をひとりで背負い、孤軍奮闘している社長。

家では娘さんや息子さんに邪険にされ、会社では次々と難題がふりかかり、胃の痛くなる思いをしながら、息抜きの場もなく、それでも毎日闘っておられる社長。

暗闇の中、手探りで、自分の判断が正しいかどうか確証はなく、それでも進むしかないと不況の中で奮闘している社長。

家族・子供たちの幸せ、従業員の幸せを我が幸せと感じて、従業員の生活を支える為に、より豊かな収入を得ようと試行錯誤されている社長。


そんな事業主様の進むべき灯台になりたい。

ほんの少しでもいいからお役に立ちたい!

私がたどってきたあの悲惨な道は、

もう誰にも経験させたくない!!



今の私はそう思っています。





「チラシで簡単に売上があがるなら、
こんなに苦労しないよ!」

「そんな魔法みたいなコツを知ってるなら
今すぐ教えてくれよ!」




そんなお叱りの声も聞こえてきそうですが、チラシで売上をあげることの答えは、本当にシンプルで簡単なものだったです。




あなたのチラシは、けしてビジュアルで紙面を埋めず、熱いオリジナルの想いのメッセージを考えてください。

商品の希少性や自社のこだわりを熱く丁寧に積極的にアピールしてください!

コピー(文章での説明=説求力)を優先させて、しかもそれがターゲットの心の中にある言葉(ニーズ)なら、間違いなく売れるチラシの完成です。

そのチラシにどれくらいお客様が納得するメッセージが込められているかということが最も大切です。



私がコンサルティングしたお店様の中には、一介の小売店から、いまや各局TV取材が継続的に後をたたない有名人気店になったお店様もいらっしゃいます。



次は、あなたの番ですよ!!

あなたが私のおさめた成功を手にする番です!!


チラシでの集客に成功する。

売上に悩まなくて済むようになる。

支払いに悩まなくて済むようになる。

ストレスが軽くなる。

日々増収していく。

今までよりも定期的にチラシをまけるようになる。

チラシ以外の広告媒体も使えるようになる。

複数の広告媒体を連動させて見込客・潜在客のとりこぼしが無くなる。

何もかも拡大していける。

よく働いてくれるスタッフ達にたくさんお給料を渡せる。
  待遇を良くして長く勤めてもらえる。

サービスが行き届いて、お客さんが満足する。

リピート率があがる。

マスコミよりも強い、クチコミでのお客さんが増える。





これらの道を一緒に見つけ出していきませんか?


大丈夫です!


サンプロのストア・プロデューサーが、「チラシ」という媒体を最強かつ最高の武器に作り上げられるよう具体的にアドバイスいたします。


たったひとりで悩んでいるくらいなら、
今すぐにご相談ください!
ご相談は一切無料です!




チラシ無料診断の専用お問合せフォーム


【本庄市 エクステリア販売業 H様】



私は、長年エクステリア商品の販売施工をしています。


いままでは、仕事のほとんどは新聞チラシを見たお客様からの反響で受注をしていました。



どこの販売店でも同じかもしれませんが、エクステリア商品は新製品が次から次へと出るわけではありません。


そのため、いつも目先を変えてお客様の心をつかむ新聞折り込みチラシが大事なのです。


私は長年の経験からチラシの紙の種類やデザインや商品の配置レイアウトに関して自信をもっていましたので、制作を依頼する印刷会社のデザイナーには、細かく何度もデザインの修正の注文を出したり、印刷機械を待たせてまでも、(自分の)納得のいくチラシを作るようにしていました。



ところが、何ヶ月かその作業をお互いにしていると、マンネリというかワンパターンになって来てしまうのです。


そのことを打破するために、私は別のデザイン会社を探してはチラシ制作をしてもらう事を繰り返していました。


そんな事をしているうちに、売上が明らかに減少してきたのです。


理由はリーマンショック以降の不景気とホームセンターの乱立でした。


カーポート、物置、サンルーム、ミニハウス、門柱、フェンスなどなど、ホームセンターは商品種類も多く、価格も安い商品が並んでいるのです。


また、担当係員に相談すれば、明確な見積もりも提出してくれます。
(と、当時はそれを自分のお店の売上が上がらない言いわけにしていたのですが・・・)



そんな中でも、私は自分のチラシ制作のデザイン性や訴求力に自信を持っていたので、売上が下がってきた事実を直視しようとしませんでした。


「自分の言うとおりにチラシを作れば、必ず売れる!」とデザイナーに伝えて、提案をしてきた企画やデザイン案などを取り入れず、挙句の果てには、「商品が売れないのはデザイナーが悪いのだ!」などとデザイン会社に悪態をついたりしていました。


もちろん、そんな事は何の効果も生み出さず、ますます経営は悪化してきたのです。



そんな時に知り合いの新聞関係の方から、サンプロさんを紹介されました。


チラシの無料診断をしてくれるというのです。



まずは、お店に来てもらい、あいさつや雑談をして、私がいままで校正をしてきたチラシを何枚か渡しました。


サンプロさんのそのストアプロデューサーは、チラシは事務所に戻ってゆっくりと検証いたしますと言って、さっさとカバンの中にしまいこんでしまいました。


なんと失礼な担当者だと思いました。



しかしそのストアプロデューサーは、ニコニコと笑いながら、「社長は、例えばお客様から、チラシを見てカーポートが欲しいと電話があった時に、何をお客様に聞きますか?」と言ってきたのです。

何を言っているのかと思いながらも、予算や設置場所や連絡先を聞いて、よろしければお見積もりと現地調査にお伺いします。と答えると言いました。



その返事を聞いたストアプロデューサーは、「もちろん、それはそうでしょう。しかし、本当に聞かなければならないことは、どうして(なぜ)、そのお客様がそのカーポートに興味を持って電話をしてくれたのか?が大事なのです。

他のお店を回って金額的に良いと思ったのか?家の近くのお店を探していたのか?それとも、もっと別のニーズがあるのか?


それを聞いてそのお客様の本当のニーズを理解しなければ、そのお客様はホームセンターという便利な方へ行ってしまいますよ。」とグサリと私の心に刺さる言葉を話しました。




そこから、本格的なチラシの診断コンサルティングが始まりました。


自分がチラシのデザインや商品の配置に自信があることや、お客様からお問合わせがあった場合の返答方法などを事細かく、自慢気に話しました。


そのストアプロデューサーは、先ほどしまったカバンからチラシを出してきて、決して話を遮ったり、別の話をしたりせずに、そのコンサルティングの中で、色々と質問をこちらにしてきたりしました。



最初に聞かれたのは、このB4サイズの両面のチラシの中に、約30種類の商品が掲載されていますが、どの商品を主に販売したいのですか?ということでした。


私は、すべての商品を目立つようにしたいと答えました。


すると、「テレビドラマやお芝居でも、脇役がいるから主役が目立つのではないですか?全員が主役のドラマって面白いでしょうか?」と、私に訴えてきました。


何を生意気な事を言っているんだ!そんなことは当たり前だ!と心の中で思い、おそらく表情にも不機嫌さが出ていたと思います。


間髪を入れず、そうです。社長がお考えのように商品の配置やデザインにも主役、脇役が必要です。


当たり前のことですよね。


しかし、このチラシはすべての商品を前に出そうとして、結果的にゴチャゴチャしていて、お店はどれを販売したいのか?という点でお客様には非常にわかりにくいものになっていると思います。


社長が心血を注いで作ったチラシが、実はメリハリのない自己満足のただの紙切れになってしまっています。



それともう一つ大事なことは、チラシなどの広告物に一番大事な企画が入っていません。


もちろん、サマーセール、ウインターセールなどとタイトルの部分に書かれていますが、これはあまりにも目にする言葉過ぎてお客様の問い合わせの動機にはなりにくいと思います。



例えば、このカーポートを利用するとお客様の生活がどのように便利になるのか?を企画として具体的にお客様に提案しなければならないのです。

屋根が付いているので雨の日に乗り込む時に傘が邪魔にならない。

夏の強烈な日差しや冬の赤城おろしなどから車を守る。

基礎をコンクリートにすれば、ぬかるみがなくなる。

汚れが少なくなるのでメンテナンスや洗車が楽になり、結果的にエコである。などなど。

まだまだメリットはあると思います。


そのようにお客様のニーズを引き出しながら、お客様がその商品を購入した時の夢を見させてあげることが大事なのです。



また、ホームセンターや他のお店では行っていないサービスや価格面での競争力の部分もお客様のわかる言葉で、具体的にチラシに書かれていないとお客様は、お問合わせをしてこなくなるのです。




時間が経つにつれ、私は本当に恥ずかしくなって来ました。


今までは自分の経験や勘で商売をしてきて、上手くいっていた時はそれでもよかったのですが、いかに自分がお客様の本当のニーズを探る事をしてこなかったか!


そのため、売上が上がらなくなったのを、他人のせいにしたり、景気のせいにしたりしていたことに気付かされたのです。顔から火を吹く位、恥ずかしかった記憶が今もあります。



もう一度いいますが、私は長年の商売の経験や勘でお客様の本当のニーズを聞くという事を、おろそかにしてきたのです。


そのことが、チラシのデザインや商品の配置に凝った言わば自己満足なチラシを作成してくる事になってしまっていたのです。


そんなチラシに訴求力があるわけがありません。毎月何万枚もの自己満足の紙を新聞に折り込んでいたのです。



そのチラシ無料診断を受けてから、チラシの内容が変わって来ました。


また、商売の方法自体も変わって来ました。


まずは、エクステリア製品に興味を持っている人、エクステリア製品が必要だと思っている人などを探す方法を具体的にサンプロさんから教わりました。


ここには、書くことができないので、詳しくはサンプロさんに問い合わせてください。


決して難しい事ではないのです。簡単な事だけど気付いている人が少ないと思います。



最後になりましたが、私はとてもサンプロさんに感謝しているので、これをお読みの他の経営者様の今後の広報戦略のヒントになれば良いと思い、特別にこれから私がどうすべきか?を簡単な言葉で書かせていただきます。


「私はこれから市場の目線で、具体的な企画を盛り込んだお客様のニーズを拾えるチラシを作っていこうと思っています。」


サンプロさん、本当にありがとうございました。

たったひとりで悩んでいるくらいなら、
今すぐにご相談ください!
ご相談は一切無料です!

チラシ無料診断の専用お問合せフォーム



「無料っていうのが腑に落ちない。どうして無料でやってるの?」


 チラシ無料診断サービスは、この不況下で悪戦苦闘されている会社様やお店様の苦悩を共有させて頂きたい思いからスタートしました。

人間は人間の中でしか生きられないように、サンプロもまた、この現実社会を離れては活動していけません。

この不況下で悪戦苦闘されている会社様やお店様の苦悩を共有させて頂きたい思い。

大衆と共に歩き、大衆の中にあって、灯台になれたらという思い。


これがサンプロが社会から育てて頂いた恩返しになればと考えております。


「本当に無料?途中からお金をとられるんじゃないか??」


 チラシ無料診断は、特別企画のため現在は無料です。

ホントに無料です!!

しかし、いづれ有料化することも視野に入れていますので、今すぐご相談ください。
今なら無料なのです!!

途中まで話して、続きが聞きたければ有料・・・ということは絶対にありません。


「無料でやって、おたくの会社は何で食ってるの?」


 サンプロは総合広告代理店です。

当然ですが広告物の制作やサービスの販売で、きちんと利益を得て操業しております。


「相談しているうちに、何か売りつけられるんじゃないの?」


 全くご心配にいりません!

あなたのご要望のない商品やサービスをこちらから売りつけたりしません。
押し売りも一切いたしません。




「どうやって診断してくれるの?」


 御社のチラシに問題がないかを様々な観点から診断し、改善する点があればアドバイスをさせていただきます。

お悩みや状況を確認し、簡易リサーチをしてから診断・対策方法までをお知らせします。


「とりあえず安心できそうだが、相談のことを誰にも知られたくないんだよ」


 ご家族や会社の方まで、ご心配であればどなたにも秘密厳守いたしますので、どうぞ安心してご相談ください。


「日本中どこでも相談にのってくれるの?」


 サンプロは人と人が会うことを基本と考えておりますが、お悩みの内容や時間・距離的な問題で直接お目にかかれない場合もあるかと思います。

そのようなときはお電話やE-Mail等でも結構です。

お一人で悩まずに、
どうぞお悩みをお聞かせください。



ただし、やはり正確な診断やご提案を申し上げるわけですから、ちょこちょこっと聞いてパッと答えるなどという手品師みたいなことは出来ません。

それ故に何度か訪問させていただいたりしながらご回答させていただくのがベストだと考えております。


チラシ無料診断をご希望の方は、
専用の問合せフォームに入力し送信してください。



お電話、FAX、e-mailでも結構です。

お問い合わせをいただいてから、各分野の専門のストアプロデューサーがご連絡させていただきます。



電話  0276-55-4001
FAX  0276-55-4002
e-mail info@kittocom.com



※只今、「チラシ無料診断」に大変多くのご依頼を頂戴しております都合上、ご連絡をさせていただくのに何日かのお時間を頂いております。予めご了承ください。
無料相談サービス
これからもますますサンプロさんの企画力に期待してい ます。有限会社山上会計事務所、税理士山上達也事務所、代表取締役・税理士 、山上達也様
サンプロさんには群馬県最大の飲食店組合を支援して もらってます。太田飲食店組合・組合長、及川隆彦様(和房どんぐり店主)


株式会社サンプロ

【本社所在地】
 〒373-081
 群馬県太田市小舞木町14-5
【営業時間】
 9:00〜20:00
【休業日】
 日曜・祝祭日
【電話番号】
 0276-55-4001
【FAX番号】
 0276-55-4002
【E-mail】
 info@kittocom.com
 ⇒住所などは詳しくこちら